ex-boss, ex-boyfriend, ex-girlfriend...

(もと上司、もと彼、もとカノ・・・)←ただし全部、「いわく」つきです

いやーっははは。これまでに何度、この ex- っていう接頭辞を誤って使ってしまったことでしょうわたし・・・。特に誰かを他の誰かに紹介するときとか・・・。でも、これ、いい意味じゃないんだそうですよ、ぜんぜん! わけアリで、もうぜんぜん今ではなんの付き合いもありません、音信普通ですとか、あるいは過去にいろいろあったんで今ではきっちり線をひいた付き合いしかありませんとか、そんなニュアンスがあるんだってさ!ひー、知らなかったヨー!
だから、かつてわたしが、友人の披露宴パーティに呼ばれたときに、会場にいた英語スピーカーのAさんに、わたしと一緒に招待されたわたしのもと会社の上司(女性)を、She is my ex-boss. って言って紹介したのは、まずかったのね~~~!?まるでそのもと上司とわたしが仲が悪いみたいに聞こえたかもしれないってことね!?いや、下手をすれば、「もと上司だけど今は恋人です」なんてニュアンスにも、コンテクストによっては取られかねなかったかも?いや、まあもちろん、わたしはあの時もいまもろくな英語を喋ってはいないから、Aさんも別に、「ああ、ex- の持ってるニュアンス知らないんだろな」と理解してくれたんだろうと推測するけど、こうやってあとあとになって、かっこつけて頑張って口にした英語の間違いに気づかされるのは、むちゃくちゃ恥ずかしいなあああー。だいたい、自意識の塊みたいになって喋ってるから、かつて頑張って喋った英語の中でも、さらっと口に出せた表現は、そのときの自分の発音した単語までもが、耳の底のあたりに残っていたりするんよ、「よくできた自分を誉めるための記憶」として・・・。それが突然、急転直下、オオマチガイだったと分かるのは、二重に辛いなあ~~~
以後、気をつけます~!
あ、そうそう、よってですね、she was my boss when I was in **** company.とかなんとか言うのが、そこそこ正しいみたいです。それと、基本的に、もと彼、もとカノは、いわくつきなのが当然なんで、ex-つけて言うことが多くはなるのでしょうね。それでも、本人がいるところでex-をつけるのはやはりいただけないってことでしょうねえ。
[PR]
by la37_losangeles | 2005-10-19 13:41 | 言葉・ことば・コトバ


<< 彫刻特集パート2 何キロで走るのがいいんだろう >>