LA風欧風ヒルメシpart1

e0079475_6202831.jpgなんだかここんところ、フレンチづいているなあ・・・。またしても、発見してしまいましたよおいしいお店。そしてまたしてもヴェニス・ビーチ近く。マルグリットっていう名前のお店です。レストランというよりは、カフェに近いかな。サラダ、クレープ、キッシュ、サンドイッチなどなど軽食が食べられます。軽食といっても、たいていの日本人にe0079475_664463.jpgとっては、きちんとした食事にみえるものばかりですが。ほんとにいいお店で、すべてに満点!まずもって出てくるパンがおいしい! 中がふわふわ、外はかりっととしていて、バターとジャムが一緒についてきました。めずらしくパンのおかわりしてしまいました。頼んだ料理は、e0079475_683677.jpg海の幸のそば粉クレープとキッシュ。いかにもそば粉ーって感じの色目のクレープに、シーフードのクリームソースあえが包まれたもの。そして、キッシュは、王道をということで、キッシュ・ロレーヌ。タマゴとハムのクリーミーなe0079475_6103624.jpgコンビネーションが絶妙!キッシュの横に乗ってくるグリーンサラダの感じも、フランスのカフェに出てくるのとまったく同じ正統性。これでもう満腹!となったけどせっかくなので少しはデザートも試そうとばかりに、デザートが入ってるショーケースを見に行ってまたしてもe0079475_614287.jpg感動。ううう、うまそう! LAには、ケーキやタルトのおいしい店ってあんまりなくて、たまにケーキやさんあってもすごく大味だったり味が濃かったり甘いだけだったりするんだけど、ここは、デザートにも形といい味といい食の国フランスの文化がスライドしているみたいでした。でもおなかいっぱいだったんで、わたしはタルトはあきらめてレモンのシャーベットを頼みました。ここんちのシャーベットはe0079475_6144421.jpg全部、レモンにしろオレンジにしろ、本物のフルーツカップに入ってます。出てきたシャーベットはこんな感じ。パンチの効いた酸っぱさに、思わず口元が緩みましたね。こんな「才色兼備」のシャーベットは、たぶん、フランスでもそうとう気の利いたカフェにしかないんじゃないかなあ? 
 そして、支払いの前にお手洗いに立ちましてまたびっくり。トイレ、キレイ!e0079475_6232597.jpgこの写真、トイレの中なんだけど、写真だけ見たらとてもそんなふうには思えないよね!?そもそもLA周辺では、せっかく店がキレイなのにトイレだけはどうしようもなくNGってとこが少なくないのですが、このお店はまったくそういうことはありませんでした。そして、トイレの中だけに限らず、店内どこかしこに、誰が描いたのか、手作り感覚のホンモノの油絵がe0079475_8405018.jpgたくさん飾ってあって、バカンス気分を盛り上げます。まあ、ヴェニス・ビーチは、特に夏に、サーファーさんとかが休暇をすごしに来る場所だからなあ・・・。フランスのカフェのいいところを全部残した上で、パリとかにはないさわかやさをプラスした、いいことづくめのお店。給仕さんも、ほんとーにいい感じの人ばっかりで、こっちのしょうもない英語に、ぜーんぜんいやな顔しません。むしろ、一緒に悩んでくれそうな勢い。ちなみに、こんなさわやかなお店は、フランスには、実は、ないんじゃないかと思います(笑)。海を越えた別の場所でだからこそできる、フィクション・フレンチいいとこ取りってとこですね。Absolutelyオススメです。ちなみに、わたしがこちらにいるうちに遊びに来た人は、かならずここに連れて行かれるものと思ってくださいね。
Cafe Marguerite
123 Washington Blvd
Venice, CA 90292-5153
(310) 822-5379
[PR]
by la37_losangeles | 2005-10-27 06:31 | LA周辺そぞろ歩き


<< ベニスってなに ベナバールの新譜 >>