颯爽!グロリア・エステファン

The Magically Mysterious Adventures Of Noelle The Bulldog
Gloria Estefan Michael Garland / Rayo

WWEの話は、明日以降書くとして、昨日の話を、しましょう。超大スター、グロリア・エステファン。LAから車で南へ1時間ほど行ったところにある、ヒスパニック系の書店で開催されたサイン会に行ってきました。彼女プロデュースの絵本「ブルドックのノエル」(グロリア自身が飼っているブルドック “ノエル”の、心温まるおはなし)が出版されたので、「今日絵本を買った人にだけサインお入れします」という企画でした。
e0079475_0103883.jpg 11時半から始まるということだったんですが、9時過ぎに着いたら、すでにもう100人は並んでましたかね。書店でまずは絵本を買って、辛抱強く待つこと2時間、リムジンでグロリア登場!サイン待ちの列はどどどーっと崩れそうになりましたが、コワモテのボディーガードがついていて、大騒ぎになることはありませんでした。グロリア登場の時にどさくさに紛れてわたしの前に割り込もうとした白人ブロンドのマスカラばちばちオバアチャン(←実に許しがたかった)を、わたしの一つ後ろに並んでいたラテン系の気のよさそうなお姉さんの協力を得て撃退するなどしながら、さらに待つこと小一時間。ようやく書店の用意したスペースに入ることができました。でも、わたしの並んでいたすぐ後ろで、列が区切られてしまって、この後の人は次の回、とか言われたんじゃないかな。後ろに、200人は並んでたと思うんですけどね。
 「本だけですよ、他のものにはサインしませんよ」との主催者側の度重なるアナウンス。まあ、本以外に、自分の持っているCDとかにもサイン入れて欲しいと思うのが人情ですが、ここはぐっとこらえ。そして、事前に大き目のポストイットが配られ、名前を書き入れてサインの入るページに貼りなさい、とのこと。名入れサインにしてくれるってことですね。すばらしい。
e0079475_0345976.jpg そして、ようやくわたしの番になりましたが、やっぱり緊張しちゃったね。「ハロー」としか言えない・・・。そしてグロリアから「ハーイ。ハウ・アーユー・ドゥーイング?」「ファイン!アイム・ソー・グラッド・トゥー・スィー・ユー」という、オタオタの、教科書どおりの挨拶しかできず。そして、その挨拶の間に、ポストイットに載せたわたしとオットの名前をさっと一瞥、この定型の挨拶をわたしの目を見てしてくれながら、かつその0.3秒後にはカメラ目線でツーショット写真に応じてくれながら、しかーしサインをする手は休まない!一瞥しただけの異国のファンの名前を、手元を見ずにノーミスで書き込み、そこにサインを加えるグロリア。さすがスター!なーんて感動すること1,5秒。すると、「わたし、日本語を少し知ってるの」という意味のことを言ったかと思うと、「音楽を通してわたしを理解してくれてありがとう」という、じつに構文のきっちりした、パーフェクトな日本語が飛び出し、ビックリ仰天!あまりの驚きに、「サンキュー・・・・!」とうっとり目で言うことしかできず、ボディーガードに「お前早くどかんかい」とばかりに追い立てられたわたしは、その感動的な日本語の0.6秒後には彼女のそばを離れました。
 サイン会って、辛抱強く待たないといけないし、他のファンとの距離のとり方とかも微妙で、しかも日本語通じないとなると、けっこう疲れますが、それでも、超一流の人に、一瞬でも声をかけてもらえるというのは、ほんとに貴重なことだなあと思ったことでした。けして笑顔を絶やさないパーフェクトなプロ意識。たった5秒の邂逅でしたが、ココロ洗われる思いでした。
[PR]
by la37_losangeles | 2005-10-31 00:36 | LA周辺そぞろ歩き


<< WWE行ってきましたよ! WWEデビュー(予告) >>