WWEレポ その2

昨日に引き続き、WWEネタですみません。基本的に、その場にいなかった人にとっては多分ぜんぜん面白くない与太話です。しかも、プロレス音痴が書いていますので、訳分からんところが多々あるかと思います。それでもいいかという奇特な方は、Moreをクリックしてくださいまし。



e0079475_2325097.jpg10月30日は、WWEのLA公演、場所は、ステイプルズ・センター。ビッグアーチストのコンサートなんかもよくここでやってるようです。なおステイプルズっていう会社は、オフィス・デポの同業、つまり、オフィス用品や文房具などを扱うチェーンです。StaplesのLが、ホチキスの芯に見立てられてるのがちょいかわいい!?
 まず、会場の雰囲気についての感想ですが、家族連れが多かった!家族でひいきの選手がいて、みなで応援に来る、という感じで、5歳や6歳のチピッコもいました。グッズ売り場では、子供向けのTシャツとかチャンピオンベルトもどきやらが売られていて、小さい子がお父さんにいろいろとせがむ姿があちこちで目に付きました。ここんちでは、野球も家族で観にいく人も多いし、スポーツ観戦が、家族向けレジャーとしてほんとに定着しているのですねえ。そして、劇場というか、スタジアムの中ですが、昨日もちょっと書きましたけど、国技館風(欧米風に言えば闘技場風ってことかな?)の、すり鉢型です。会場に入った瞬間、中央のリングと、それに続く花道と、派手なつくりの登場ゲート、そして大きなスクリーンモニタ(正面と向こう正面にたしか1つずつと、登場ゲートのすぐ上にも一つ)などに、「うわーでかー!」と、臨場感に圧倒され気分高揚させられます。
 わたしのとなりは、ラテン系の家族で、お父さん、お姉ちゃん(15歳くらい?)、弟二人、の4人構成でしたが、とにかく、ラテン系の人たちは、当然ラテン系のレスラーがお好みで、もう応援の仕方がはんぱなくすごい!特に、覆面レスラーのReyっていう、背のチッチャイ奴が出てきたときには4人とも「レーイ!レーイ!」と大騒ぎ。
 で、試合に関して、かいつまんでいくつか。まず、3つめくらいの試合で、なんとなく見たことあるようなレスラーが登場。誰だっけ、と一瞬考えましたが、分かった、分かった。一ヶ月前に、PWGを観にいったときに出てた人だ!あの、反則勝ちして、チビッコに突っ込みを入れられてた悪役レスラーだ!名前は、ジョーイっていうんだそうですが、まあこのPWGっていうのは、LA界隈を拠点に展開している小さい試合組織で、つまりこのジョーイってのは、LAの観客にとっては、地元のレスラーということになります。今回は、負ける筋書きだったらしく、そのせいかジョーイ君ちっとも覇気がなかった!客席からジョーイコールが湧いたので、わたしも思わず「ジョーイ!ジョーイ!」、となりのラテンのオネイチャンも「ジョーイ!ジョーイ!」(ジョーイは、本来は彼女のひいきではなかったと思うんだけど)とやりましたが、あっさり負けてしまった。がっかし。前座というか、いわゆる「幕下」レベルの試合で地元のレスラーを使うのは、どこのWWE公演でもあることなんだろうけど、ここでピカっとした存在感を示せれば、全米レベルへの道が開けるかもしれないのに!(←って無理か)ヘイ、ジョーイ!情けないぜ!ってかやっぱ、彼には荷がかちすぎ?
 そして、先ほどもちょっと名前を出したReyですが、かつては、現在バチスタ(チャンピオン)と組んでいるエディーとお友達どうし、という設定でした。しかしわりに最近、突然エディーにボコボコに裏切られて(まずはエディーに試合で裏切られ、観客の前でReyの「えでぃー、ナゼダアア」みたいな演技の時期が続き、その後でエディーによる「実はお前の息子は俺の子でさあ」などという驚愕の(笑)事実が暴露され、仕上げがその「息子」立会いの下リングで果し合い、という凝ったお話で・・・。ちなみにこの話で何週間も引っ張ってました)、二人の蜜e0079475_235714.jpg月は終わってしまいました。ちなみに、この、ラテン男二人の確執の物語から、エディーTシャツが新たに作られまして、そのTシャツのロゴが「I AM YOUR PAPI!」 30日に会場で、このTシャツまだガンガンに売ってました。確執話ネタはもう終わったのに・・・。つくってしまったTシャツは売らねばということでしょうが、エディーが今でも、試合で登場するときこのTシャツを着ているのが笑えます。
 で、バチスタとエディーは、最後の試合に、カメレオンみたいなド緑色の馬鹿でかいリムジンに乗って現れました。ほんとにアフォらしいくらいの大きな、60年代風の車。試合は、このチャンピオンチームが確か勝ったのかな。なんかもう、ショーアップされた要素のほうにばかり目が行って、試合の結果なんてほとんど思い出せない、というのは、わりと、どの試合についてもいえることですが、この試合もそうでしたね。それと、これまたどうでもいいことですが、バチスタはWWEに入る前は昔は悪役レスラーだったらしく、当時はカラコンで黒目をちいさーく見せていました。バチスタのそのあたりの変遷がみえるファンサイトを見つけちゃいました、こちらです。最近のバチスタから昔のバチスタへの順番で写真が並べられてて、笑えました、特に昔のが。メイクやら髪型やらで、見た目ってこんなに変わるんだなあ、と。今は、マフィアのボス系の野獣キャラですが、昔は、ムキムキ妖怪キャラだったのですね。
 ぜんぜんまとまらん記事ですみませんー。
 まあとにかく、楽しんだってことです、わたしが。もっとも、これからも続けて見るかどうかは分かりませんが。
[PR]
by la37_losangeles | 2005-11-05 01:48 | パフォーミング・アーツ


<< 人を乗せて走ってみました WWEレポ その1 >>