ロング・ビーチでblast!アーンド肉食!

e0079475_2134930.jpg昨日は、久しぶりでパフォーマンス鑑賞。車で1時間弱のロング・ビーチまで足を伸ばして、BLAST!を見てきました。来日公演も何度かあったんですよね、これ。風仲間のkaeruさんが絶賛してた舞台☆ 明日か明後日に、この記事にレポをちょちょいと付け足そうかな・・・←付け足しました(20060316)

で、その前に、たまには肉食でスタミナつけるぞ!ってことで、会場近くのステーキ屋さんで夕食。for a light eaterっていう但し書きのあった、8オンスのフィレ・ミニョンを食べました。(米国産のお肉は、日本人はひとたびメリケン国に入ってしまえば、このとおりガンガン食べてしまっているのですがこれいかに、おエライ方々?)
この写真だと暗くてちょっと分かりにくいんですが、まあ幅は10センチ弱として、問題は、肉の厚みです。4センチはあったな・・・。なにか「ライト・イーター」向きなのか、理解に苦しみます。しかも、この8オンスって大きさが、一番小さいサイズだっていうんですからもお・・・。220グラムのお肉。日本のステーキ屋さんで食べたら、これ絶対Lサイズだろうなあ。
そして、左側の、ベイグド・ポテトがまた・・・。サワークリームががっつり乗ってます・・・。
この食事だけで2000カロリーは越えたに違いない。デザートはケーキはやめてシャーベットにしたけど、それにしたってたいした量だったし。
ただし、やっぱり、おいしかったですわ大変に。食べきるのが大変でしたが。

それにしても、お肉を食べると元気がでるってのはほんとですね。そういえば去年度いっぱい勤めた職場で、日本の近現代劇界の往年の超大御所のメモリアルイベントがあったとき、ドイツ人のゲスト・スピーカーが、この大御所先生が睡眠時間がいつも2~3時間と短くて済んだのは、馬鹿でかいお肉をガンガン食べていたせいだ、という意味のことを言っていたっけ。たしかに、なんだか今日は寝覚めがいい感じがするな。でも、これを繰り返してると、きっと高血圧になるんだろうな~。まあ、たまにだからいいんですね、こういう食事も。



追記:なんだか時間が経ってしまったけれど、ブラスト!のことは感想を記録しておきたいので、朧な記憶を蘇らせつつ…。すごく抽象的なことばかりで、読んでもなにがなんだか分からないと思いますがスミマセン。まあ、わたしのオボエのためってことで、へへへ・・・。
かえるさんのレポで、スネアドラム(だっけ?)が日本公演では日本の方だったということでしたが、わたしの見に行ったときは、多分、日本の人じゃなかったかな…。
とにかく、すごく印象的な舞台でした、全体的に。なにが印象的かというと、一言でイウトデスネ、「楽器はダンスだ!ダンスは言葉だ!言葉は楽器だ!」ってところ?わたしは、いつも、なにか「これ」と決まっているものが、その「これ」を規定する枠を飛び越えて何か別のことを語りだした瞬間に立ち会えたときに一番感動を覚えるヒトなのですが、このブラスト!はまさしくそれでした。楽器そのものや、楽器を扱うミュージシャンが、ダンサーと同じくらい色っぽく見えてきたりとか、ダンサーの動きに音みたいなものを感じたりとか。

e0079475_12154275.jpgそれと、まったく別の話になりますが、客入れの時に、舞台にポツンと一つ、スネアドラム。これを叩くパーカッショニストが登場すると開演、となるわけですが、これに関連してちょっと面白いことを思い出しました。
パリにある、150年くらい前に立てられた劇場の事務所に突撃して、舞台機構等々を特別に見せてもらった事があるのですが、そのときの案内役のとても親切な女性から教わったこと・・・。
まだ舞台装置も搬入されておらず舞台や劇場内に誰もいない時、かの国では(ってかヨーロッパ系の劇場はみんなそうなのかな)舞台の真ん中に、小さいランプ(あるいはキャンドル系の光)を置いておくんだそうです。ちょっと、その小さな照明の正式名称を失念しましたが、たしか、誰もいない劇場内を守ってくれるちっさいカミサマみたいな位置づけの光だと説明されたように記憶しています。そして、いよいよ装置やらなにやらの搬入がはじまるって時にようやく、その光は舞台裏に下げられるんですと。
でね。あのちっちゃいコダイコちゃんがストンと舞台上に置かれていて、そこに弱めのスポットがあたって、ドラムの皮の面(なんて名前なのかな、あの、ほら、平らな、叩く部分)に光が反射して弱めの蛍光を放つ様子を見て、あのちっちゃいランプのことを思い出しました。フランスの劇場で、ちっちゃいランプが華やかな照明へとバトンを渡すが早いか舞台上に非現実の世界が繰り広げられるのと同じようと、あのコダイコちゃんも、彼が光を放ってほかのおっきなお兄さん楽器たちにバトンを渡すが早いかあのブラスト!の絢爛な世界が洗われる、っていうか。
いや~いい舞台、いい音、いいダンスだったわ~!
えっと、そして、写真は、会場で売ってた記念Tシャツのロゴ。かわいい☆黒地に5~6色の綺麗な色の四角が並んでる絵柄って、たしか5歳頃からずっと好きでした(そういうデザインのお気に入りのワンピースがあったってだけなんだけど)
[PR]
by la37_losangeles | 2006-03-14 02:22 | LA周辺そぞろ歩き


<< 5才のお誕生日おめでとう ふと思い立って・・・ >>