なぜ○ム・ク○ーズ?

わたしはミーハーで主体性に乏しい人間なので、だいたい、フツーに人気のある物や人はたいてい好きかなと思っています。

だから、好きなスターの名前を列挙するのはあんまり得意じゃない(ぱっと思いつかないから)けれど、すごく人気あるのにどうしても興味がもてないなあこの人には、というスターの名前を挙げるのは、わりにすぐできます。その筆頭が、○ム・ク○ーズと、○ィカプリオの2人。成り行きでたまたま観にいった「トップ・○ン」では、涙腺のゆるいこのわたしが主人公にちっとも感情移入できずに困ったし、○ィカプリオが出てくると、彼の恋人役の女性がみんなペドに見えちゃって、目のやり場に困ります。

だからなおさら、理解できない、不思議でたまらない、この「ご誕生おめでとう」狂想曲。スーパーのレジ横のラックに入っているゴシップ雑誌はどれもこれも、○ム本人だけかあるいはご夫婦のにんまりとしたショットが表紙で、うへええ・・・となってしまうわたし。そして今さっき見た朝のニュースでは、生まれてきた女の子の命名とか、○ム本人のインタビューとか、なーんかもう、愛子さまご生誕のニュースを思い出させるほどの、メディアへの異常な露出度・・・?

一番気持ちが悪いのは、誰も彼もがニヘラニヘラと幸せそうな顔でいること。○ムってそんなに人格者なの?だからみんなお祝いしたい気持ちでいっぱいになっちゃうの?このカップルや彼自身の半生を顧みて、話題性十分だから、という理屈じたいはわからないではないけれど、なんだかやっぱり、???なわたしです。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-20 00:34 | メディアに思ふ


<< 備忘録 SF James Moore お知らせ >>