カテゴリ:LA周辺そぞろ歩き( 55 )

賑やかな「隠れ家」

e0079475_1256181.jpg家から車で10分くらいの、ビストロ・ド・レルミタージュというフレンチレストランに行ってきました。左の写真は、お店のHPに掲載されているものを拝借したものです。なかなか、いいお店でした。
 メニューやらなにやらについては、お店のHPをご覧いただくとして・・・。このお店で、ちょっと意外と言うか、印象的だったのが、厨房が、ものすごく忙しそうだったこと!「え、なんでそんなことが印象的なの」と思われる方も多いと思いますが、ここLAあたりだと、「いそいそと仕事をする食べ物やさん」ってのは、珍しいんです。日本だと例えば、ラーメンのチェーン店だと、注文とる人が「はい*番さん味噌1、餃子1いただきました~」って威勢良く叫んで、厨房に注文を通したり、出来上がったラーメンを、さささっとお客さんのテーブルに届けたりしますね。そういう一連の流れが、まあ悪く言えば「殺伐として」いると言うべきかもしれないけど、でもまあ、人気店って、そういうものですよね。しかるに、です。ここらで、そんなちゃきちゃき・てきぱきとした働きぶりのお店なんて、そうそう、ない。ほんとうにグレードが上の店はまた別ですが(←っていうか客のほうでも急いで食事をしようと思って来てるわけじゃないし)、まあ、2人分で5000円クラスのディナーを出すお店だと、ほんとうに待たされるし、「待たせてすみません」の一言は「欠落」しているものです。だからこそ、このビストロの皆さんの、「忙しくってぜんぜんきちんとやれていなくてすみませんでもあなた方がいらっしゃることは承知しておりますがんばっていますわれわれもすみませんです(この句読点のない感じが、けっこうぴたっと来る)」という雰囲気は、こちらの気持ちを殺伐とさせるどころか、なんかすごくホッとするというか、好感さえ持ちました。
 あとでわかったんですが、このビストロに夜6時とかに来るお客さんは、だいたい、そこから徒歩5分の劇場で8時から芝居を見る人が多いらしい。いや、実はわたしもその一人だったんですけどね。お店のほうでもそのことをおそらく把握していて、だからこそあの時間帯は、お店にとって文字通りかきいれどきだったんだろうなあ。絶対、7時45分くらいまでにはデザートまで終わってないといけないわけだから。そうやってきちんと時間を区切ることができれば、お客さんのほうも、「劇場に行く前にはこの次もあの店で夕食にしよう」って思えるし。こういう、近くの劇場のお客さんを見込んで頑張る、という発想じたいが、なんだか血が通っている感じがして、小気味よかった。「創意工夫が得意技」の日本人にとっては、そういう発想は商売の生命線として誰もが思いつくことかもしれないけど、ここらでは、そういう発想じたいが本当に貴重、なのです。まあ、そのくらいのんびりしているところが、ここの暮らしのいいところなのかもしれないですが。
 ちなみに、エルミタージュとは、「隠れ家」のことです。でも、厨房の侃々諤々の感じが、この銘々とはミスマッチなのが、笑えますナ。次は、お休みの日のブランチでもいただきたいものです。きっともうちょっとゆったりしているんじゃないかなお店の人たちも。しかもいい意味で。

Bistro de l'hermitage,
9727 Culver Boulevard
Culver City, CA 90232
Phone: (310) 815-8222
Fax: (310) 815-1221
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-31 13:22 | LA周辺そぞろ歩き

沖縄県人会主催のコンサートin LA

県人会ってのがね、ありまして。各県の。っていうか、各都道府県の。100年前あたりの移民等々で日系人社会ができた場所には、べつにLAと言わずアメリカといわず、あるものなんですけどね。
それで、今日、沖縄県人会主催のコンサートっていうか、催し物に行ってきました。
アルベルト・シロマ&ディアマンテっていう、ペルーの日系三世がボーカリスト、ベースとギターが沖縄出身、というグループで、なんでも、日本でCDを出したこともあるそうな。そして、ボーカルのアルベルトさんは、完全に東洋系のお顔立ち。実はおばあさんが、沖縄の人だそうで、沖縄に今住んでるいとこさんも、前座で沖縄の舞踊を披露してくれました。
 しかし、すごいよ、沖縄とペルーの合体は! わたしもいずれにもまだ足を踏み入れたことがありませんが、片方だけでもすでにむちゃくちゃパワフルなものが二つ、混合すると、もうそれはそれは、みんなフレンドリーだし元気だし、そしてアルベルトさんは歌うまい!アンコールで「みんなこいこい」みたいになったとたん、お身内なのかそれとも沖縄&ペルーの混合文化に深い理解を表すひとたちなのかが、一気に30人くらいステージに駆け上がり、踊る、踊る・・・。 
 無料で配られたパンフレットは、シュワちゃんはじめとするお偉方の挨拶文が30%、LAの日系沖縄系コミュニティー等の関連の広告やお祝い文が60%、残りがコンサートやら主役の紹介、という、このページ割は、まあ、ご愛嬌っていうか、ね。
 生きることそのものを楽しんでいるような人々の様子を、遠い目で見つめつつ(笑)、それでもわたしなりに楽しめた今日でありました。
 
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-23 13:37 | LA周辺そぞろ歩き

ナチョス in Staples Center

e0079475_141366.jpgこの前NBAを見に行った会場で食べたナチョス。ステイプルセンターでナチョスくださいって言うと、かならずこのチーズのディップになる。あ、でも、ナチョスってかならずしもチーズ&チップスの組み合わせだけじゃないよね?だってトマトソースベースのディップ・ソースで供されたこともあるもんね、人の家で。
ルールもよく分かってないバスケットボールの試合を見ながら、なぜかそれでもうおーっと盛り上がり、このチーズ味ナチョスを食べつつ、ダイエットぺ○シをがぶがぶ飲む。それを何となく楽しいと思ってしまうわたしは、ようやくここへ来てアメリカンな生活に対する違和感が減ってきたってことか?そしてそれは、果たして良いことなのだろうか?
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-10 01:41 | LA周辺そぞろ歩き

80度・・・溶けます

この冬は、あたたかい。ってか暑い。超がつくほどの冬将軍到来に苦しむ日本の皆さん、すみません。しかし、日本でせっかく新調した冬物スーツを着る機会がないのも悔しい。
今日は、80度ですよ・・・ってもちろん華氏ですが。でも、80ていう数字がすでに「灼熱!」という感じがしてちょっと気持ちが下り気味になります、私は暑がりなので。そして、80度を摂氏に換算してみて27度という数字が出てきて、あらためてげへえーっ!なんか、摂氏にしてみたら実感こもっちゃってさらに暑い~!今年のLAは、きっと冬らしい冬はないんだろうな。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-06 06:11 | LA周辺そぞろ歩き

和食 in LA

e0079475_16361566.jpgこれ、年末にLAの○ッツ・○ールトンホテルで注文した、「ジャパニーズ・ベントウ・ブレックファースト」です。メニューはいろいろあって、コンチネンタルはもちろん、ベジタリアン用のものや、パンケーキ、オムレツなどもありましたが、このホテルのレストランのシェフは、どうも日本びいきらしく、食器やメニューに、和のテイストを持ち込もうとしている様子でした。しかし、これ、弁当なのかなあ・・・。ハコの中に、お味噌汁とご飯がおさまっちゃってる時点で、何か違う気がするし、しかも、ご飯が、これ、よそってあるんじゃなくて、型に入れてポンッ!だしなあ。これを食べた人によりますと、このシャケがまた、日本人としてはどうしてもオブジェクション!せざるを得ない味だったそうで、曰く、「シャケのバター焼きのでっかい塊を朝から食べさせられた気分」だそうでした。お味噌汁はけして悪い味ではなかったそうですが、ムニエル風のシャケの「毒気」に当てられて、お味噌汁を最後まで飲めなかったそうです。大味ですわねえ、さすがに、こちらの「和食」は。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-04 16:38 | LA周辺そぞろ歩き

LasVegasでのある夕食&戦利品

これから1週間くらい、年末にあちこち動き回ったときの記録などをネタがわりに書いていこうと思っておりますが、まずは、25日に行った、ラスベガス。いや~混んでた!クリスマスの晩に一e0079475_458122.jpg泊しましたが、この写真の左奥、信号が変わるのを虎視眈眈と(?)待ち構える白いライトの長蛇のマイカー軍団、みえますかね?とにかくラスベガスの町に入ったとたん、昼も夜も大混雑で、参りました。車はノロノロ、歩行者いっぱい。特に、中国系の人が多かったのが印象的でした。いやーみんな元気ねえ~!でも、年末のお祭りムードを味わうことはできましたけど。
 しかし、お祭りムード=人がいっぱい=食事の場所に困る、わけです。ちょっと気の利いたレストランでも、と思っていたのですが、25日ってのは、あたりまえですがクリスマスでありまして、目当ての店がどこも開いてない!しかも食べ放題はどこも長蛇~~~の列!楽しい一泊旅行が、ラスベガス飢餓歩きの様相を呈してきたころ、ようやく、悪くなさそうなステーキ・ハウスを発見。すこしお高そうではありましたが、そこに入ることにしました。
 「二人です」 「(フロント?のおじさん、こちらをさっと一瞥)ご予約は」 「してませんが」 「それでは、こちらでよろしいですか」
通されたのは、夕食のスペースではなく、バーカウンターの近くのテーブル。テーブルセッッティングがされていなくて、あれ?と思いましたが、まあ、注文を聞きにきた担当の給仕のお兄さんはとても感じのいい人だったので、特にそれ以上心配することもなく、飲み物を頼み、スープとメインを頼んで、食事しました。そして、最後のコーヒーを頼んで、その隙に、ちょいとお手洗いへ行ったんですがね。お手洗いの場所の都合で、レストランを突っ切る必要があったのですが、ディナー用のキレイなスペースには、白人、白人、また白人。そしてキレイなテーブルクロス。しかも満席では・・・ないみたい。もしかして、「予約してない」のは口実で、実はわたしらsabetsuされたか?そういえば、フロントのおじさん、なんとなく冷たかったかな?などと考えたりして。でもねえ、わたしたち、別にドレスコードに引っかかるような服装はしてなかったと思うんだけど・・・。
 でも、その後出てきたコーヒーの味と、それについてきたコーヒーシュガーがかわいかったのが、救いでした。さらなる救いは、担当の給仕のお兄さんが、ほんとにほんとにいい人だったこと。わたしが、そのコーヒーシュガーをいたく気に入って、「すみません、これどこで買えるんですか」と聞いてみたところ、厨房に入っていろいろ聞いて調べてくれて、しかも、「これは売り物じゃなく、うちの店が特別に作ってもらっているものなので、申し訳ありません。でも、半ダースでe0079475_4592350.jpgよろしければ、差し上げますよ」と言ってくれるじゃあありませんか!もちろんお願いしますと満面の笑みで答えたのは言うまでもありません。ついでにチップもちょいはずんでみました。
 そして「ぼくからのクリスマスプレゼントです」という言葉とともに頂いてきたのが、コレ! 木のスティックに、コーヒーシュガーを固めてくっつけてあるもので、もちろんこれを全部溶かすとコーヒーがアマアマになってしまうんだけど、でも、コーヒーが終わったあとにもキャンディーみたいに食べられちゃいそうな(←糖分摂りすぎでしょ!)ワクワク感が、とても楽しくてよいよい!ちなみにコーヒーシュガーの部分は4センチ弱くらいあるかな。
もったいないので、全然使ってません。来客用にとって置こうっと。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-02 04:53 | LA周辺そぞろ歩き

旅に出ます

今日明日、ラスベガス行ってきます。勢いで決まりました。
LA滞在中ラストのベガスになるはずなので、楽しんできますわ。
ブログ更新は、その後ぼちぼち再開しますので、来てくださってる方、すみませんです、あと3日、お待ちを~
[PR]
by la37_losangeles | 2005-12-25 23:16 | LA周辺そぞろ歩き

暑い~

LAは、昼間、暑いです。25度くらいです。
夜は、10度を切らないくらいです。
と、まるで日本の皆さんにケンカを売るようなことしか書けずすみません。
ちょっと今、パソコンにゆっくり向かってられず。

ホリデーシーズン狂想曲にあわせて、オドラサレテイマス。そこで一句。
アメリカや ああアメリカや アメリカや

みなさん、メリークリスマス!
[PR]
by la37_losangeles | 2005-12-24 23:56 | LA周辺そぞろ歩き

明日は、ドラマチックに、晴れ。

e0079475_1343549.jpg

すごいね。久しぶりで見たなあ、こんな空。昨日の夕方、家のベランダからです。
自然の、スペクタクル・ロマンでございます。迫力、少しは伝わりますかね?
こういう夕陽を見たからには、冷蔵庫のニンジンにでもかぶりつくしかないかっ!
「神よ!もうけして、飢えません!」  タァ~ラァ~ララァ~~~♪

そして今日は、しっかり、晴れでしたよ。

ちなみにこの真っ赤な色は、5分後には、嘘のように消えてしまいました。
十六夜の月も夕焼けも、一瞬だから、印象的なのでしょうね。

というわけで、明日から数日間、更新は1,2日おきになるかもです。よろしく~
[PR]
by la37_losangeles | 2005-12-21 13:45 | LA周辺そぞろ歩き

ホリデー・シーズンのシンボル

e0079475_1335876.jpgこれ、クリスマスのオーナメントをどアップで撮ったものです。あ、うちのレッドウッドに付いてるやつじゃなく、おととい、ユニバーサルスタジオのモールに行ったときに、レストランで順番待ちをしていたときに近くにあったツリーのものです。実はわたしとデジカメが写り込んでたりして可笑しい(笑)。
でね。クリスマス商戦がいよいよ大詰めとなってきて、テレビやら何やらを見ていると、テパートやら量販店やらの、バーゲンの宣伝合戦だらけ!そして、このまあるいオーナメントをモチーフにしたデザインの広告やら宣伝やらが、わりに多いんですよ。e0079475_4482811.jpg上の細くなってる部分だけをぐぐーっとアップにした画像(たとえばこんな→)から始まるCMなんかもあって。たぶん、この丸いオーナメントは、わたしが思っているよりずっとシンボリックなものらしいと気がついた次第です。そう考えてみると、うちのレッドウッドを、この丸いヤツのだけで飾っているのは、オーセンティックにアメリカ流だってことか。せっかくこっちにいるんだからこっちの流儀でやってみたい、というわたしの所期の目的は、まあ達せられているってことか、な。
きっと、わたしが何の気なしに見てるこの丸い物体に、日本でいう盆暮れ正月にあたる12月にまつわる郷愁やら季節感やらを感じている、地元アメリカの人も、きっと居るんでしょうね。わたしの知らないところで。
[PR]
by la37_losangeles | 2005-12-20 01:43 | LA周辺そぞろ歩き