<   2006年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

賑やかな「隠れ家」

e0079475_1256181.jpg家から車で10分くらいの、ビストロ・ド・レルミタージュというフレンチレストランに行ってきました。左の写真は、お店のHPに掲載されているものを拝借したものです。なかなか、いいお店でした。
 メニューやらなにやらについては、お店のHPをご覧いただくとして・・・。このお店で、ちょっと意外と言うか、印象的だったのが、厨房が、ものすごく忙しそうだったこと!「え、なんでそんなことが印象的なの」と思われる方も多いと思いますが、ここLAあたりだと、「いそいそと仕事をする食べ物やさん」ってのは、珍しいんです。日本だと例えば、ラーメンのチェーン店だと、注文とる人が「はい*番さん味噌1、餃子1いただきました~」って威勢良く叫んで、厨房に注文を通したり、出来上がったラーメンを、さささっとお客さんのテーブルに届けたりしますね。そういう一連の流れが、まあ悪く言えば「殺伐として」いると言うべきかもしれないけど、でもまあ、人気店って、そういうものですよね。しかるに、です。ここらで、そんなちゃきちゃき・てきぱきとした働きぶりのお店なんて、そうそう、ない。ほんとうにグレードが上の店はまた別ですが(←っていうか客のほうでも急いで食事をしようと思って来てるわけじゃないし)、まあ、2人分で5000円クラスのディナーを出すお店だと、ほんとうに待たされるし、「待たせてすみません」の一言は「欠落」しているものです。だからこそ、このビストロの皆さんの、「忙しくってぜんぜんきちんとやれていなくてすみませんでもあなた方がいらっしゃることは承知しておりますがんばっていますわれわれもすみませんです(この句読点のない感じが、けっこうぴたっと来る)」という雰囲気は、こちらの気持ちを殺伐とさせるどころか、なんかすごくホッとするというか、好感さえ持ちました。
 あとでわかったんですが、このビストロに夜6時とかに来るお客さんは、だいたい、そこから徒歩5分の劇場で8時から芝居を見る人が多いらしい。いや、実はわたしもその一人だったんですけどね。お店のほうでもそのことをおそらく把握していて、だからこそあの時間帯は、お店にとって文字通りかきいれどきだったんだろうなあ。絶対、7時45分くらいまでにはデザートまで終わってないといけないわけだから。そうやってきちんと時間を区切ることができれば、お客さんのほうも、「劇場に行く前にはこの次もあの店で夕食にしよう」って思えるし。こういう、近くの劇場のお客さんを見込んで頑張る、という発想じたいが、なんだか血が通っている感じがして、小気味よかった。「創意工夫が得意技」の日本人にとっては、そういう発想は商売の生命線として誰もが思いつくことかもしれないけど、ここらでは、そういう発想じたいが本当に貴重、なのです。まあ、そのくらいのんびりしているところが、ここの暮らしのいいところなのかもしれないですが。
 ちなみに、エルミタージュとは、「隠れ家」のことです。でも、厨房の侃々諤々の感じが、この銘々とはミスマッチなのが、笑えますナ。次は、お休みの日のブランチでもいただきたいものです。きっともうちょっとゆったりしているんじゃないかなお店の人たちも。しかもいい意味で。

Bistro de l'hermitage,
9727 Culver Boulevard
Culver City, CA 90232
Phone: (310) 815-8222
Fax: (310) 815-1221
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-31 13:22 | LA周辺そぞろ歩き

サブマリンを前にして

-なぜ山に登るのですか 
-そこに山があるからだ
-なぜ海に潜るのですか
-そこに海があるからだ

・・・とかなんとか悠然と言ってみたいものですが、なかなかこれがね。
てなわけで、だんだんと、次の「おこもり期間」が近づいて参りました。今度は長そう。3月まで断続的に続きそうな。緊張しちゃって、そしてなんだか戦わずして弱気モードで、しかも風邪っぴき。ひいいい~
そんな弱いわたしの頭の中をぐるぐると回る、風さんの歌の歌詞。

あきらめる前にまちがってみ~て~♪ (Party Down)

まちがえるのがやだからあきらめる、というのとは、まったく逆の考え方。今の私には、そういう発想が、一番大切。風邪から抜け出すための自然治癒力も、そういう発想がベースとなって生まれるはず。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-30 04:52 | w-inds.

I quit smoking cold turkey !

(煙草はすっぱりやめたよ)

カリフォルニアは、公共の建物内はぜ~んぶ禁煙です。それと、未確認情報ですが、今日人から聞いたところによると、サンタ・モニカのビーチも、禁煙なんですと。屋外でも、人が集まる場所は、公共ってことなんですかねえ? いやまあ、未確認情報なんで、このくらいにしときますが。

「煙草をすっぱりやめたよ」の米語表現を、今日教えてもらいました。これ、直訳すると「冷たい七面鳥風に煙草をやめた」ですが、これで「ある瞬間から煙草を一本も吸わない」という方法で禁煙に成功した、という意味になるそうですよ。
それにしても、なんで冷たい七面鳥なんだろう?
ちなみにこの表現、「smoking」を抜き取って使うと、コンテクストによっては、ドラッグやアルコール依存から完全に立ち直った、という意味にもなるそうです。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-28 12:32 | 言葉・ことば・コトバ

bumper-to-bumper

(のろのろ運転)

前の車のバンパーとくっついちゃいそうなスピード、つまり、ノロノロ渋滞のことですね、この表現。特に、フリーウェイ上でのことを言うんだそうな。

ときに、今だから言える、わたしの「コツン」事故!
6月か7月でしたかね、オタオタしながらフリーウェイに乗って隣町の日系スーパーに買い物に行ったその帰り。下の道がよくわかんないんで、地図を見ながらフリーウェイの入口を探していたんですが、目的の買い物も済んで、ちょっと緊張感も緩んでいたんでしょう、信号が赤になったのをいいことに、ブレーキを踏みつつ助手席の地図に手をだして・・・そしたら、「コツン!」ブレーキの踏みがあまく、前の車のバンパーにぶつかってしまったのです~!
幸い、大事には至らなかったのですが…。相手の車にもキズは見当たらず…。
いやほんと、今でも右足にひびくなあ、あの「コツン」っていう感触が。
LA暮らしも、残りあと3ヶ月、これ以上の事故もなく、無事に過ごしきりたいとの願いを込めて、あえてこのエピソードを記事にするわたしでありました。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-27 05:00 | 言葉・ことば・コトバ

カープールレーン

Car pool 。フリーウェイの最高速レーンのさらにその向こうにあるレーン。ここは、2人(場合によっては3人)以上が乗車している場合のみ走ってよい、というレーンです。少しでも渋滞を緩和するためには車の数を減らす必要があるわけですが、そうすると、乗り合いを奨励する必要があります。このレーンは、乗り合い乗車をしている人への便宜を図るものというわけですね。1人で運転しているときにこのレーンを使うと、おまわりさんに見つかったらもうそれはOUT.追跡され、停車させられ、罰金を取られます。このときのポイントは、絶対に余計なことを喋らず、相手の質問に「イエス、オフィサー」「ノー、オフィサー」と簡潔に答えること、だそうです。「オフィサー」を付けるのも大事らしい。わたしはまだ、フリーウェイはもちろん、停車させられたこともないけども、日本のネズミ捕りのおねいさんと向き合うときとは、ぜんぜん緊張感が違うらしいですよ。くわばらくわばら。なーんせ、「不審者はズドンしてよい度」は、日本とは比較にならんそうですから。
 おっと話しがそれましたが、それでね、この前教えてもらったのですが、カープールのこの「二人以上」は、子供でも一人、にカウントしてもらえるそうです。赤ん坊でも。(いやしかし、赤ん坊一人乗せてるだけじゃあ、車外から見たら一人運転に見えるだろうし、おまわりさんに見つかったらそれこそ無駄に追っかけられるんじゃなかろか・・・という疑問もあるんですが)それでは、妊婦が一人で運転、というのはどうか。これは、NGなんだそうですよ。赤子OK、9ヶ月の胎児NGってのは、なんか不思議と言えば不思議ですが、そこはまあ、どこかで線を引かないといけないってことでしょうね。
 なお、わたしは当然ながら、ここを自力で走ったことはありません。フリーウェイを誰かを乗せて運転するということじたいめったにやらないんで・・・。ここを、誰かを乗せてストレスフリーに運転できるようになりたいものですが、それより早く、帰国の日がきてしまうのはおそらく間違いないでしょうね。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-26 01:00 | クルマの運転・・・

おお、変!(←誉め言葉のつもり)

風さんたちの新曲「It's in the stars」のジャケット、変わってますね、このデザイン。チープ感というか。
しかし、この変さ加減、わたしはなかなかいいなあと思いました。
ここ1年くらい、ジャケットデザインで、顔にペイントしたり、マネキンみたいに塗りつぶしたり、本人たちより風景を主役にしてみたりと、しきりに顔を隠したがっていたようですが、顔はね、隠さないほうが、彼らはいいと思うのです。
かといって、ただ顔を出すだけじゃつまらないから、そこをどうひねるかだなあ、と思っておりましたが、これはきっと、一つの正解かなあと。
楽曲が、楽しみです。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-24 14:39 | w-inds.

I need to go

(行くとこ行きたいんだけど)

テレビのコマーシャルで、「Goingばかりでお困りの方へ」というのがあって、最初意味がわかんなかったんだけれど、何度も見ているうちに、お手洗いが近くてお困りの方へ、という意味なのだとわかりました。たぶん、健康グッズか薬品かなにかのCMだったのかな、あれ。

日本語でも、「行く」というのは普通の意味から下のほうの意味からいろいろだけれど、Goっていう動詞も、わりに似たような使われ方をするんですかねえ。ふむふむ。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-24 12:34 | 言葉・ことば・コトバ

沖縄県人会主催のコンサートin LA

県人会ってのがね、ありまして。各県の。っていうか、各都道府県の。100年前あたりの移民等々で日系人社会ができた場所には、べつにLAと言わずアメリカといわず、あるものなんですけどね。
それで、今日、沖縄県人会主催のコンサートっていうか、催し物に行ってきました。
アルベルト・シロマ&ディアマンテっていう、ペルーの日系三世がボーカリスト、ベースとギターが沖縄出身、というグループで、なんでも、日本でCDを出したこともあるそうな。そして、ボーカルのアルベルトさんは、完全に東洋系のお顔立ち。実はおばあさんが、沖縄の人だそうで、沖縄に今住んでるいとこさんも、前座で沖縄の舞踊を披露してくれました。
 しかし、すごいよ、沖縄とペルーの合体は! わたしもいずれにもまだ足を踏み入れたことがありませんが、片方だけでもすでにむちゃくちゃパワフルなものが二つ、混合すると、もうそれはそれは、みんなフレンドリーだし元気だし、そしてアルベルトさんは歌うまい!アンコールで「みんなこいこい」みたいになったとたん、お身内なのかそれとも沖縄&ペルーの混合文化に深い理解を表すひとたちなのかが、一気に30人くらいステージに駆け上がり、踊る、踊る・・・。 
 無料で配られたパンフレットは、シュワちゃんはじめとするお偉方の挨拶文が30%、LAの日系沖縄系コミュニティー等の関連の広告やお祝い文が60%、残りがコンサートやら主役の紹介、という、このページ割は、まあ、ご愛嬌っていうか、ね。
 生きることそのものを楽しんでいるような人々の様子を、遠い目で見つめつつ(笑)、それでもわたしなりに楽しめた今日でありました。
 
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-23 13:37 | LA周辺そぞろ歩き

Cut it out !!!!!!!!!!

(いいかげんにしなさいよっ!)

サブマリン明け、ヘトヘトLA37です。でもちょっとすがすがしいの。ああ、つかの間の幻のような休息・・・

さて、とってもひさしびさの、英語ネタ。
今日から、英語のレッスンに通い始めたのですよふふふ。週1回だけだけど。教えてもらいました、本当にしつっこい奴を、やっつける言い方。
日本語でも、相手にどう思われても構わないから、とにかく「いいかげんにしろっ」と絶叫したいことってある(いや、そんなには、ない、たまにしか。一生のうち、ええと、8回くらいしかない、今のところは。8回は多いか? しかも、モノゴコロつく前のことはカウント不能だし、もっとあるか・・・?)と思いますが、それをね、英語で言いたいときは、コレだそうですよ。
ただし、これは、よほど相手を憎んでいるか、相手が悪い奴か、うんと年下か(子供とか)を相手にしているときに限りますので、念のため。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-21 12:58 | 言葉・ことば・コトバ

「誰かが見ている」という感覚

ここのところ、ちょっと必要があって、「誰かが見ている」という、一種の宗教感覚みたいなもののことを考え続けています。「誰かが見ている」っていう考え方は、どこから来たのかなあ、と。「~~さんに怒られるといけないから」とか「人に迷惑かけたらいけないから」という道徳観念に含まれる一種の偏狭さとは、なにかこう一線を画したところにある、「誰かが見ている」っていう感覚・・・。大きなものも、小さなものも、些細なことも、くだらないことも、ホントのことも、嘘っぱちでさえも、それは「誰かが見ている」んだ、っていう感覚。これって、日本的っていうか、アジア的なもので、いわゆる西洋的なものではないんじゃないかなと思っていて、この感覚はいったい、どこにルーツがあるのかな、と。
今月に入ってからわりによく覗かせていただいているある風ファンのかたのブログがあるのですが、そこの昨日だかの記事にちょっと興味をひかれました。その方が、「「スターの資質」について触れられていた新聞記事のなかに、「お金など要らぬという風情で働きなさい。傷ついたことなどないかのように愛しなさい。誰にも見られていないかのように踊りなさい」っていう文章があった」、と書いていらしたのですけどね。
「誰にも見られていないかのように踊りなさい」っていうの、たぶん、この「誰かが見ている」っていう感覚と、実は表裏一体なのかなと。誰にも見られていないから、自分の身体の隅々までを、つまらない社会性のくびきから解き放つ、っていうのは、多分、自分「ひとり」になるってことなのかな、とか。そして、その自分っていうのは、多分自然が作った芸術品みたいなもので、それはなにか大いなるもののめぐり合わせで奇跡のようにこの世にあるもの、なんじゃないかな、とかね。
あと、関係ないかもしれないけど、「仏が見てござる」って考え方のお坊さんも、お亡くなりになったけど、いたみたいですな。
なんか、すみません、今いかにわたしがサブマリンかを証明するようなヘンな記事書いちゃった。ヘンだなと思った方、深く考えずスルーお願いします~

※ちなみに、上記太字にしたところが、わたしの現在の一番の懸案なのですが、なにか「これ読めば?」みたいな情報をお持ちの方、コメントくださるか、またはエキサイトのメアドまでメールいただければ大変嬉しいです。あ、わたしの他の個人メアド知ってる方は、そっちに・・・
[PR]
by la37_losangeles | 2006-01-19 13:34 | w-inds.