<   2006年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

つたない文章にお付き合いいただき有難うございました。

4月29日夕方、無事日本に戻ってまいりました。今日は東京の実家に一泊しています。時差ぼけで夜9時には布団に入りましたが、やはり時差ぼけで、朝の3時に目が覚めてしまいました。LAは今、29日の午前中ですね。だいたい、午前中に記事を書いていた私だから、今こうしてブログ最後の記事を書こうとしている私は、まだLA時間にどっぷり浸っているということになりますね。

しかし。帰国しましたよ、確かに。

すべてがビッグ・サイズの大雑把さ。鮮やかな色彩。海の音。ヨット・ハーバー。スペイン語なまりの英語。無理やりにでも人にハンドルを握らせる車社会。大きな大きな大学UCLA。日本語が通じるレストラン。土日のオムレツ。フリーウェイを90マイルで飛ばす車たち。

順番待ちの列に割り込む白人女性。ウインカーを出さずに突然曲がる車。クレームをつけると「人間だから、ミスはあります」と、冷静に言い放つ、悪意なき従業員。タバコではないらしい紫煙をコンサート会場でくゆらせて退場させられた観客。

80ドル払えば誰でも自由に本を借り出せる大学図書館。無料で楽しめる博物館。アメリカに移植されたヨーロッパ、ゲッティ。

こうして書き連ねていたら、いつまでも延々と続いてしまいそうです。しかし、1年前に日本を発った時には、これほどまでに、アメリカの一都市での暮らしを楽しむことができるとは思っていませんでした。20年ちかく、別の国の文化を追いかけてきた私には、アメリカは、「わたしが選ばなかった国」だったのです・・・。
しかし、日本で見るアメリカは、わたしがLAで体感したアメリカと同じものではありませんでした。住めば都とはよく言ったもの、気がついたらわたしはかの地での暮らしを心から楽しんでいたと思います。

わたしの人生に、またひとつ「ふるさと」が増えたことを、誇りに思っています。

次にLAに行くときは、わたしをかつて懐に迎えた1年間を、かの都市に誇りに思ってもらいたいなあ。そういう前向きな生き方を、これからしていかないとなあと、時差ぼけの頭で、しかしながら心からそう念じつつ、筆を置かせていただきます。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-30 03:53 | その他

ブラック・ライダー in アーマンソン・シアター

4月26日、帰国の二日前に観た、ロバート・ウイルソンのBlack Rider。

・・・すみません、オットもわたしも、半分ちかく、意識を失ってしまいました。なんせ掃除・片付け・荷物発送・などなどなどで、二人ともヘトヘトで・・・。
ウィルソンの舞台はそもそも、圧倒され賞賛しつつ見ないとちょっと、つらいとこあるからなあ。原作のドイツ・ロマン主義の流れをくむ物語が、照明・音響・色彩と連動しながら、どう立ち上がってくるか、その全体像を把握するには、どうしても集中力が必要なんだけど、それがちょっとね・・・今回、足りなかった!無念!

でも、一見の価値ありです。とくに、複数の原色を様式的に纏め上げるあの色彩感覚は、独特です。

ただ、日本演劇的な手法をところどころで活用しているのが、日本人のわたしには、ちょっと気になりましたが。これ、観客の多くが白人だったこととも関わる問題と思いますが。なんか、他の観客とは違う情報をそこで感じざるを得ないのが、常にひっかかりましたね。たぶん、日本公演としてみたらこういう印象は持たなかったかもですが。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-30 03:07 | パフォーミング・アーツ

帰国しました

とりいそぎ、帰国しましたので報告します。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-30 02:32 | その他

さよならロサンゼルス

これから、いよいよ、日本行きの飛行機に乗ります。アパートを引き払い、荷物をもってホテルに移動してから3日が経過。ネットに少しだけつなぐことができたのでこれを急いで書いています。

おかしなもので、このブログももう終わりなのに、LAについて、今こそ語りたい気持ちでいっぱいです。
思い出をたくさんくれたこの町と、ここで出会ったたくさんの人々に、心から、感謝。

日本に戻っておちついたら、総括の記事を幾つかUPして、ブログを締めくくりたいと思いますが、LAで書く記事は、これが、最後。

みなさん、つたない文章におつきあいいただき、ありがとうございました。

お別れのみなさん!「別れは出会いの始まり」です。これからもよろしくお願いします。
日本のみなさん!お土産話をたくさん持って、元気に帰国します。

さようなら、ロサンゼルス。
ありがとう。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-28 23:31 | LA周辺そぞろ歩き

ブラック・ライダー観られるゾ

今日のマチネ公演がキャンセルされた、アーマンソン・シアターの「ブラック・ライダー」。家の片付けに追われつつも、アーマンソンに電話しなきゃあ、でも、どうしよう、払い戻ししてもらおうかな、だけど、やっぱり観たいしなあ、いつなら都合つけられるかなあわたし・・・などと逡巡していたところ、電話がルルルル。アーマンソンからでした。午前11時くらいでしたかねえ・・・。
昨日メールをくれた後、今日の開演予定時刻の前にちゃんと電話をくれるあたり、やはり、センター・シアター・グループって、ちゃんとしてるんだなあ、と少し感心。
いったん電話を切った後、日程調整をし、26日の夜の公演を観にいくことにしました。
今日のために取っておいた席よりも2列くらい後ろのようですが、そのかわり、よりセンター寄りだということで、まあ結果オーライといったところでしょうか。

この公演の感想を、このブログ最後の記事にしようかな。
あした午前中には、ネットを切らないといけないので、もしかするとLAにいるうちに記事書くことはできないかもしれないけれど。

終わりよければ、すべて良し!?
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-24 15:19 | パフォーミング・アーツ

きゃきゃきゃ、キャンセルぅ?

さあ~いよいよ押してまいりました!家中ごちゃごちゃですっ!
今が引越でばたばたなのは分かっていたけれどどうしても見たくてチケットを取ったThe Black Rider(Tom Waits, Robert Wilson!)23日マチネはキャンセルって、なんで今日の明日ってときに連絡がくるのぉぉぉぉぉ!
LAで観る最後の舞台と思って楽しみにしてたのに!
しかし、他の日に振り替えられるみたいだし、ちょっとスケジュール表をみて考えよう、うん、そうだ、落ち着け、落ち着け、わたし!ここで怒ったってはじまらないゾ、冷静に、ね(←言い聞かせている)
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-23 17:05 | LA周辺そぞろ歩き

備忘録 SF James Moore

e0079475_1517593.jpgサンフランシスコで青空展覧会をやっていたあるアーティストの作品が気に入って、このアーティストがやっているらしいサイトのURLをメモってきたけれど、なぜかこのURLだとサイトにいきつけない。
引越のごたごたで、URL忘れちゃいそうだから、今日のところはここにメモメモ・・・。
www.moorefinearts.com
James Mooreっていう名前のアーティスト。長めの直方体のブロックをうまく組み合わせて、人間の身体の躍動感を表現していて、スタイリッシュでかっこよかった。ちょびっと、アレクサンダー・カルダーのモビールを思わせるところもあって、軽やかなのがGOOD.遠目からしか写真撮れなかったけど、展覧会がそこそこ盛況に開催されている様子は伝わるかなこれで。カトンボみたいな手足の細いオブジェがあちこちに見えると思いますが、これみんな作品です☆
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-20 15:18 | LA周辺そぞろ歩き

なぜ○ム・ク○ーズ?

わたしはミーハーで主体性に乏しい人間なので、だいたい、フツーに人気のある物や人はたいてい好きかなと思っています。

だから、好きなスターの名前を列挙するのはあんまり得意じゃない(ぱっと思いつかないから)けれど、すごく人気あるのにどうしても興味がもてないなあこの人には、というスターの名前を挙げるのは、わりにすぐできます。その筆頭が、○ム・ク○ーズと、○ィカプリオの2人。成り行きでたまたま観にいった「トップ・○ン」では、涙腺のゆるいこのわたしが主人公にちっとも感情移入できずに困ったし、○ィカプリオが出てくると、彼の恋人役の女性がみんなペドに見えちゃって、目のやり場に困ります。

だからなおさら、理解できない、不思議でたまらない、この「ご誕生おめでとう」狂想曲。スーパーのレジ横のラックに入っているゴシップ雑誌はどれもこれも、○ム本人だけかあるいはご夫婦のにんまりとしたショットが表紙で、うへええ・・・となってしまうわたし。そして今さっき見た朝のニュースでは、生まれてきた女の子の命名とか、○ム本人のインタビューとか、なーんかもう、愛子さまご生誕のニュースを思い出させるほどの、メディアへの異常な露出度・・・?

一番気持ちが悪いのは、誰も彼もがニヘラニヘラと幸せそうな顔でいること。○ムってそんなに人格者なの?だからみんなお祝いしたい気持ちでいっぱいになっちゃうの?このカップルや彼自身の半生を顧みて、話題性十分だから、という理屈じたいはわからないではないけれど、なんだかやっぱり、???なわたしです。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-20 00:34 | メディアに思ふ

お知らせ

4月29日(土)に、帰国することとなりました。
今住んでいるアパートを去るのが多分25日頃となると思います。

以前にも書きましたが、このブログは、LAに対するわたしの好奇心を刺激するためにはじめました。帰国をもって、ここのブログの更新は、ストップすることといたします。最後の記事が何日付けになるか、ちょっとまだよくわかりませんが。パソコンをいつ梱包するかによるな・・・。

なんかまだ実感ないんですけどね。ダンボールがどんどん積まれているにもかかわらず。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-19 07:04 | その他

サンフランシスコその4 雑感~ふたつの、「あめりか」~

e0079475_13171893.jpge0079475_13174621.jpg3泊4日でしたが、実に実り多い旅でした、毎度毎度ありがとう、オット!(とまず謝意表明!)お礼がわりに、オット撮影写真を2枚。ホテルのバーで撮影しました。左は、ワイングラスの行列。右が、ライトアップされてたリカーコーナー。

LAがラテン系アメリカンなら、SFはヨーロッパ系アメリカンでした。地形の問題や、都市計画の歴史なども大きく影響しているのでしょうけれども、現状だけを見比べると、LAは車社会。縦長の建物はダウンタウンやセンチュリー・シティーを除いてかなり限られていて、住民にはラテン系アメリカ人多し。スペイン語が街に飛び交い、レストランの厨房や給仕さんの多くはラティーノ。そして気候は、1年中温暖でからりとしてさわやか。一方のSFは、公共交通網(ケーブルカー、バス、メトロ)が発達し、家と家はヨーロッパの町並みにも似て壁をピタリとくっつけた、縦長の箱型。町で多く聞かれる外国語ナンバーワンは??スペイン語?いや、おそらく中国語、かな・・・。レストランや食べ物屋さん、スーパーの店員さんには中国系アメリカ人が圧倒的に多い。気候は不安定で冬は寒い・・・。

どちらが良いかという問題ではなく、同じカリフォルニアという州の中に、これだけ性格の異なる二つの都市が北に一つ、南に一つときっちりとコントラストをキープしながら存在していることが、すごく面白いと思いました。そういえば、日本も、カリフォルニアみたく縦長だし、北海道と沖縄(あるいは九州かな)では、文化があまりにも違いながら、どちらも日本なわけで。

最後にエピソードを1つ。3日目の夜、ホテルのバーでワインなどいただきましたが、ここのバーテンさんが、すごく感じのいい人だった。まだ30歳には手の届いていない感じで、若い人でした。なんでも、UCLAで、化学関係の勉強を6年間だかがんばってやっていたんだけれども、自分にはどうしてもそれは向かないような気がして、毎日毎日本を読み実験に明け暮れる生活が苦しくて、どうしようかと思っていたところ、彼の兄弟2人(だったかな)が、サンフランシスコでレストランを開くから、LAは引き払ってこっちにおいで、と誘ってくれたのだそうです。そして、意を決した彼は、住み慣れたLAを離れ、今は飲食の業界にこうして足を踏み入れているのだとか。人生を180度ひっくり返すことはきっと勇気が要っただろうに、ああしてタノシそうに、しかも責任感強く丁寧に今の仕事をしている彼。LAのことを話すときに、うれしそうに遠くを見つめる様子が印象的でした。きっと、UCLAでの勉強も、一生懸命やっていたのではないかなあ。だからこそ、新しい道を選んでもまっすぐに前を向いていられるのじゃないかなあ。二つの場所、今と昔への思いを、それぞれに大事にしている人がきびきびと働く姿は、見ていて気持ちがよいものでした。
[PR]
by la37_losangeles | 2006-04-17 13:39 | LA周辺そぞろ歩き