5才のお誕生日おめでとう

ございます!これからの君たちに、さらなる幸せと飛躍がありますように。
そして、3月15日は、5枚目のアルバム発売ですね。これまた、おめでとう!
↓エキサイトブログだと今日現在ではまだジャケ写の画像はでないと思うけれど、リンク貼っておきます。
THANKS(初回限定盤)
w-inds. / ポニーキャニオン
わたしがこれをゲットできるのは、3月中かな、それとも、4月に入っちゃうかな・・・。たのみますよ、アマ○ンさん!

Monologue interieur
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-03-14 09:48 | w-inds.

ロング・ビーチでblast!アーンド肉食!

e0079475_2134930.jpg昨日は、久しぶりでパフォーマンス鑑賞。車で1時間弱のロング・ビーチまで足を伸ばして、BLAST!を見てきました。来日公演も何度かあったんですよね、これ。風仲間のkaeruさんが絶賛してた舞台☆ 明日か明後日に、この記事にレポをちょちょいと付け足そうかな・・・←付け足しました(20060316)

で、その前に、たまには肉食でスタミナつけるぞ!ってことで、会場近くのステーキ屋さんで夕食。for a light eaterっていう但し書きのあった、8オンスのフィレ・ミニョンを食べました。(米国産のお肉は、日本人はひとたびメリケン国に入ってしまえば、このとおりガンガン食べてしまっているのですがこれいかに、おエライ方々?)
この写真だと暗くてちょっと分かりにくいんですが、まあ幅は10センチ弱として、問題は、肉の厚みです。4センチはあったな・・・。なにか「ライト・イーター」向きなのか、理解に苦しみます。しかも、この8オンスって大きさが、一番小さいサイズだっていうんですからもお・・・。220グラムのお肉。日本のステーキ屋さんで食べたら、これ絶対Lサイズだろうなあ。
そして、左側の、ベイグド・ポテトがまた・・・。サワークリームががっつり乗ってます・・・。
この食事だけで2000カロリーは越えたに違いない。デザートはケーキはやめてシャーベットにしたけど、それにしたってたいした量だったし。
ただし、やっぱり、おいしかったですわ大変に。食べきるのが大変でしたが。

それにしても、お肉を食べると元気がでるってのはほんとですね。そういえば去年度いっぱい勤めた職場で、日本の近現代劇界の往年の超大御所のメモリアルイベントがあったとき、ドイツ人のゲスト・スピーカーが、この大御所先生が睡眠時間がいつも2~3時間と短くて済んだのは、馬鹿でかいお肉をガンガン食べていたせいだ、という意味のことを言っていたっけ。たしかに、なんだか今日は寝覚めがいい感じがするな。でも、これを繰り返してると、きっと高血圧になるんだろうな~。まあ、たまにだからいいんですね、こういう食事も。

BLAST!
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-03-14 02:22 | LA周辺そぞろ歩き

ふと思い立って・・・

e0079475_1230740.jpgスティル・ライフ。
これが、絵のモチーフとなる「静物」のことだと知ったのは、いつだったっけか。
「スティル・ライフ」という小説を読んだからではなかったことはだけは確かだけど・・・。

マダ・ジンセイ

心の中でこんな直訳をはめ込みながら、「スティル・ライフ」という言葉の心地良い語感を味わっていたことが、あったような気がするけれど。
言葉が持たされている「意味」なんかより、語感そのもののニュアンスのほうが大切なときって、あるのかも。


・・・というわけで、近くのスーパーで買ってきた生花の写真です。絵じゃなくて、写真の被写体になる静物のことも、スティル・ライフっていうのかなあ・・・?
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-03-11 12:31 | 言葉・ことば・コトバ

Will Call Window

(購入済みチケット取り置き窓口)

このWill Callって言葉がこの意味で使われると今さら知ったわたしは、パフォーミング・アーツが好きだ好きだと言いながら、この1年近いLA生活で、いったい何を理解してきたのだろうか・・・。只今、静かに落ち込んでおります。

実際のところこの言葉は、これまでに、ショーを見に行くときはほとんど、劇場の窓口とか入口で、見かけておりました。けれども、これが目に入るたびに、「ウィル、電話まつ」という直訳がどうしようもなく脳裏に浮かびました。違うに決まってるってば、などと自分にツッコミを入れつつも、失踪した家族を探す新聞広告(「太郎、心配ない 電話よこせ」とか「花子へ 連絡待つ」とかの)みたいだなあと思う自分を止められず、しかも、「きっとウィルは、パフォーミングアーツ好きで、家族の前から姿を消した後、いろんな劇場をざしきわらしみたいに転々としているのだ」などという妄想をひそかにスパークさせておりました。その妄想がヘンに気に入っていたがために、改めてあの熟語の意味はなんだろかと考えてみたことがなかったのだ、ということに、わたしは今日気がつきました。いやはや、人間って、ぼーっとしているときに、しょうもないことを、いろいろと、考えているものなのですね(←わたしだけですか・・・)。まあ、ウィル」と「コール」が、たまたま綴りじたいはよく知っていてなじみのある単語だったせいかなと思うんですが・・・。

そして、今日その意味がめでたく分かったのはなぜかと言いますと、明日見に行く予定の舞台のチケットが、昨日の時点でまだ届いておらず、問い合わせのメールとしたところ、今さっきその返事がきたからです。曰く:
I will set up reprints for you to be picked up at the Will Call Window of the Box Office under your name on the day of the show. Please bring a photo ID with you to the theatre to pick up your tickets.
わたしの頭の中に住んでいた、「さすらいのいたずらぼうず」のウィルは、静かに、フェイドアウトしていきました・・・。

まあ、考えてみれば、今朝は、「もしもチケットが結局届かなかったら、英語で電話して交渉するのかなあ、やだなあ」などとぐずぐず気を揉んでいたわけだし、その不安が一気に解消されたばかりか、新しく英熟語を一つ覚えたってことで、今日は吉ってことにしましょうよ、わたし!

追記:今ネットで調べたけど、ウィルコールって、もうほとんど日本語になってたんですね。しかも何年か前から。たは~。今さらながら、ああ視野の狭いわたしだなあ(がっくし)
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-03-07 05:05 | 言葉・ことば・コトバ

コツコツ努力がキラリ光りますね

最近気に入って毎日覗いているサイトが、英語のつぼ。1日に一つずつ、英語のイディオムを紹介してくれるサイトです。イディオムの意味と、その語源や使用例などを、簡潔に分かりやすく説明してくれるのが嬉しい。こんな風にさらっとした文章が書けるようになりたいな、と思わされるし、毎朝ほんの1分でも、モノを違う角度からみる妙味を楽しめるのがGOODです。
「英語」と「つぼ」でググってみたら、2つめにヒットしたから、かなりの有名サイトなんでしょうね。
それにしても、一日に一つ、イディオム見つけて、説明を書いて、必ずup。こういうコツコツ努力ができる人が、なんだか眩しいわあ。
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-03-03 03:26 | 言葉・ことば・コトバ

ウォルト・ディズニー・コンサートホールにて

e0079475_1793621.jpgおたおたと続く仕事もどきの合間を縫って、Kristin Chenowethのライブを見てきました。場所は、LAはダウンタウンにある、ウォルト・ディズニー・コンサートホール。建物の外観が、す・ご・い!さすが、お金かかってますね♪
e0079475_1739562.jpgChenowethは、わたしは実はあまり聴いたことなかったのですが、惚れ惚れするよなヒバリのような高音と、ミュージカル畑で鍛えたサービス精神とに圧倒されました。あまりなじみのないアーティストのコンサートは、よほどうまいアーティストでもない限り、「知らない歌ばっかりだなあ~」とすっかり退屈してしまうものですが、この人は違った。いつまでも聞いていたくなるような声が、「五臓六腑にしみわたり」ました。
アメリカでは、「歌のうまい歌手」は、本当に歌がうまいんですよね・・・ん?なんか当たり前のこと言ってる?でも、人間の身体は、一種の楽器なんだなあ、と実感させてくれるような歌い手の絶対数の多さと、それについていくファンの「熱さ」を、いつも感じます。30代以上の男性客が多いのも、印象的ですね。女性客が大半を占める日本では、ありえない光景です。
で、今日のお土産は、こちら。ディズニーコンサートホールを本拠地としている、LAフィルハーモニーのロゴの入った、ト音記号の鉛筆♪3月17日の聖パトリックのお祭りまでは、いつもに増してミドリ色にこだわりたいわたしなので、あえてミドリ系の色のものを3本ほど選んでまいりました♪
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-02-27 17:26 | LA周辺そぞろ歩き

荒川静香さんおめでとう

ニュースだけですでに、うるっときましたね。
まだ滑りは見てないんですが。
こっちでは、放送は今晩かな。

こちらのメディアではずっと、「コーエンとスルツカヤの一騎打ち」が主たる焦点でした。情報がいかに先入観を人に植え付けるかということを、今回つくづく感じましたね。だってわたしは、コーエンなりスルツカヤなりがどんなミスをしようとしなかろうと、日本人の銀以上はありえないと思い込んでいましたから。「金」にはご本人が驚いたというのもけして嘘ではないでしょうけれども。でもその「無心」さ、大事なんですねきっと。

真実は、思わぬところから、とーん!と降ってくるのですね。そして、その「思わぬところ」を「思わぬところ」のままにしてしまうのは、自分の狭量さだったり弱さだったりもするのかな。
心の眼を磨かないとなあ。もっともっと、広くておおらかな考えを持ちたいものだなあ。

そんなことを、ふと気づかせてくれた、すばらしいニュースでした。
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-02-24 11:26 | メディアに思ふ

祝! 新曲 IT'S IN THE STARS 発売

日本は今日は2月22日?ですね?
これが↓発売になりましたよ。

IT’S IN THE STARS(初回限定盤)
w-inds. / ポニーキャニオン

エイティーズの音楽を2006年に移植するのって難しい。でも、方法論は、星の数ほどあるんだろな・・・。
そして、この曲も、まさしくその★の一つと言っていいんじゃない?

ムズムズするよなチープさ・・・・・・
居心地がいいのか悪いのか・・・・・・
ツッコミ入れながら聴いてたはずが、いつのまにか骨を抜かれちゃってました・・・ ←イミフメイ

今30代~40代の、バブル期に小学生~大学生だった人は、こちらをクリックしてください。下のほうにあるリンクから試聴できます。
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-02-22 13:30 | w-inds.

ミドリいろに惹かれます

e0079475_720837.jpgいったい何歳からだったか、みどりいろが好きですわたしは。新緑も好きだし、夏の濃い緑も、それにペパーミントブルーと黄みどりの真ん中くらいのも好きですね。洋服でも小物でもなんでも、この色のものがあると、突如としてそこに引力が・・・!もっとも、いつもお買い上げ、となるかというと、なかなか・・・。というのは、全身みどりというのが、わたしはちょっと似合わない(笑)。ワンポイントかツーポイントくらいにとどめるのが、わたしにはちょうどいいかな、と。なので、こと洋服に関していえば、「これじたいは大好きな感じの品物だけど、これを買って、うまく着まわせるかな?」ということを考えると、買うところまではあまりいかないものです。

しかしです。3月17日は、聖パトリックのお祭りの日。アイルランドの守護聖人であるパトリックなので、アイリッシュ移民の多いアメリカでは、盛大に祝われるそうです。そして、この聖人のシンボルといえば、三位一体を表す、クローバー・・・。つまり、みどり色なのですよ・・・。「赤色」のバレンタインがe0079475_7204345.jpg終わると、今度は多くの店に緑色のコーナーが出現!カードやら小物やら、みどりいろのグッズを売ってます・・・。たあのしいいなあああ!しかし・・・洋服であれば、たった今書いたとおり自制心も働きますが、小物となるとね・・・。手の届いちゃう値段であることが多いし、しかも、帰国まであと二ヶ月なんてことになると、「お土産」なんていうステキな口実もあるわけで、ついつい、手が伸びます。

ここ数日の「みどり」の写真をふたつほどUPしました。一つは、先週行ったレーガン・ライブラリーのなかのショップのウインドーのもの。そして二つ目が、さっき、ギフトショップで見つけたカード。聖・パトリックの日には、みんなアイリッシュになっちゃう、というコンセプトですね。ハロウィンのかぼちゃも、サンタクロースも、イースターのタマゴも、みんな緑色!宗教的・民族的には、このオマツリの今日の意義ってなんだろうって正直なところ考えさせられはします、ここでは言及しませんが。けれど、みどりいろそのものは、やっぱり美しいな。かくして、3月17日までは、町中の「みどりいろのおまつり」を楽しめる、とっても嬉しい時期となります☆
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-02-19 07:20 | LA周辺そぞろ歩き

ロナルド・レーガン・ライブラリー

e0079475_1132955.jpg先週でしたかね、縁あって、行って参りました、ロナルド・レーガン・ライブラリー。レーガン政権時代の公文書の資料館であり、公人・私人レーガンの資料館でもあり・・・。

絶叫したいことも、感嘆や驚愕の声をあげたいことも、山ほどありますが、今日のところは、この建物の入口で訪問者をにこやかに迎える、8頭身のカレの写真を掲げるだけに止めます。
いや、でも、一つだけ・・・。改めて、アメリカは、軍事国家であったことよ。実感、実感、骨の髄まで、実感。今さら何を言うか、ですが。この博物館の一部というか半分以上が、軍事博物館的な役割を担っていると言ってよろしいです。
象徴と神話の連動のメカニズムが、これほど分かりやすい形で提示されている場所は、なかなか、ないっす。

レーガンという、「近代」・・・ってか。
[PR]
# by la37_losangeles | 2006-02-16 10:41 | LA周辺そぞろ歩き